「完全分離型」二世帯住宅とは?

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

完全分離型二世帯住宅とは、親世帯・子世帯の住居がしっかり分けられており、玄関や水まわりなどのスペースも、それぞれの世帯で設けた間取りのことを言います。

 

二世帯住宅には3つのタイプがあり、完全同居型、一部同居型などもありますが、そのなかでも互いの居住スペースが完全に別々なので、それぞれのプライバシーが守られるという点で、最も多い二世帯住宅のカタチです。

 

しかし、完全分離型二世帯住宅にしたのに、住み始めてみたら「何か違った」「トラブルが多く不満」などという声も、インターネットの口コミサイトなどでは目にしますよね。

本当に完全分離型二世帯住宅でも、満足のいく家づくりができるものなのでしょうか?

そこで今回は、これまでいくつもの二世帯住宅の建築に携わった専門家の意見を参考に、後悔なく二世帯住宅を建てるにはどうしたらいいのかについて考えていきたいと思います。

 

【タイプ別】二世帯住宅のメリットデメリットとは?

「完全分離型」二世帯住宅でよくある悩みベスト3

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

二世帯住宅と言っても、居住スペースすべてが別々なので、完全分離型ならトラブルが起きなさそうに思えるのですが、意外と落とし穴はあるようです。

実際、よく耳にする完全分離型二世帯住宅のトラブルや悩みベスト3は以下のとおりです。

 

1位:生活音によるトラブル

2位:義理の両親との対人関係による悩み

3位:家づくりの際に打ち合わせが進まない

 

どうしても、親世帯・子世帯では日々の生活リズムが異なりますから、親世帯が眠りについた夜間に帰宅する子世帯の生活音が響いてトラブルになったり、それらのストレスが積もり積もって親世帯との人間関係が悪くなってしまったりすることがあるでしょう。

しかし、これらは住み始めてから…ではなく多くの場合「住む前」つまり、打ち合わせの段階から始まることが多いのです。

せっかくこれから仲良く二世帯住宅で住むというのに、打ち合わせの段階から不安を抱いてしまっては大変です!

この不安を放置したまま、そのまま家を建ててしまうと、不安から「不満」に発展し、住み始めた後に「後悔」が強くなってしまうもの。

 

家を建てる前ならまだ間に合います!

どうしたら、完全分離型二世帯住宅を後悔なく建てることができるのでしょうか?

 

 

「完全分離型」二世帯住宅を成功させるコツ①「打ち合わせは別々に」

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

完全分離型二世帯住宅を建てる際に、間取りや使用する設備・建材について打ち合わせを行います。

この打ち合わせでよくあるのが、双方の間取りに口を出してしまう…というケース。

「リビングはこうしたほうがいいんじゃない?」

「いやいや、こうしたほうが使いやすいよ」

…など、親世帯が子世帯へ意見したり、逆に子世帯が親世帯へ意見をしたりすることで、お互いトラブルになってしまうことはよくあります。

良かれと思って言っていることであっても、考え方や価値観の違いによって、ズレが生じてしまうこともありますよね。

 

そんなトラブルを防ぐためには、打ち合わせを別々に行うことが大事です。

たとえば、親世帯は午前中に、子世帯は午後に…というように、打ち合わせを別の時間帯で行えば、お互いに遠慮せず本音で意見を言うことができます。

特に義理の両親への意見がなかなか言えず、うやむやにしてしまうことで不満が募ってしまうような場合は、打ち合わせを別々に行うことが有効でしょう。

 

これにより、打ち合わせがスムーズに進むので、工期が遅れる心配もありません。

なにより、お互いが満足度の高い家づくりができるのです。

もっと言えば、夫婦別々に家づくりについての要望を事前にヒアリングしておくと、後悔のない二世帯住宅を建てることができますよ。

「完全分離型」二世帯住宅を成功させるコツ②「間取りを工夫する」

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

住み始めてからトラブルが多いのが、生活音についてですよね。

特にトイレやお風呂、キッチンなどから発する水まわりの音が気になるということが多いです。

あと、足音や玄関の「ガチャ」っという音も気になるでしょう。

 

これらの生活音は、日中は気にならない事が多いのですが、シーンと静まり返った夜間は響きやすいので要注意!

そんな生活音のトラブルを回避するには「間取りを工夫する」ことが1番です。

 

たとえば…

・音が気になる水まわりは、上下階で同じ配置にする

・寝室の上に水まわりを配置しない

・人の出入りがある玄関や階段も寝室から離した間取りにする

・ウォークインクローゼットの上に水まわりやリビングを配置する

などの工夫が必要。

 

水まわりについては、配管ルートをどれだけ寝室から離すことができるか?で、大きく変わってきますので、完全分離型二世帯住宅を建てる際は、しっかりと間取りについても話し合っていきましょう。

専門家の意見を聞きながら、決めていくと間違いが少ないですよ。

 

「完全分離型」二世帯住宅を成功させるコツ③「防音・遮音性を高める」

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

配管の問題や間取りの工夫だけでなく、防音・遮音性能を高めるというのも生活音トラブル回避に重要なポイントでしょう。

2階の床または1階の天井部分に防音材を入れたり、間仕切り壁に防音・遮音材を入れたりすると、より外部の音をシャットアウトできるのでおすすめです。

ただし、防音・遮音性能を高めるということは、それだけ建築費用もアップするということ。

予算のことも視野に入れ、必要な箇所にだけ施工するというのが良いでしょう。

 

「完全分離型」二世帯住宅を成功させるコツ④「生活リズムを共有する」

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

生活音については、どうしても親世帯・子世帯で生活リズムが異なるため、難しい問題ですよね。

頭ではわかっていても実際に住み始めると気になってしまうことが多いので、可能な限り、家を建てる前にお互いの生活リズムを共有し合うようにしましょう。

 

事前に分かっていれば、多少の心構えができるもの。

帰宅時間やその後のルーティン(お風呂に入る・ご飯を食べるなど)についても確認しておくと、水まわりの音問題について工夫することができますよね。

より具体的に生活リズムを共有し合うことができれば、二世帯住宅に住み始めてからの生活もイメージしやすくなります。

 

起こりうる不満や問題を事前に想定し、解消していくことで、より良い暮らしを実現することができるということです。

同時に、細かな生活ルールについても事前に話し合っておくと、入居後の互いの不満を回避することができるかもしれませんよ。

 

「完全分離型」二世帯住宅を成功させるコツ⑤「郵便受けを別にする」

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

家の中の間取りについてだけでなく、玄関まわりも注意しましょう。

完全分離型二世帯住宅であれば、玄関もそれぞれ親世帯・子世帯でつくりますが、意外と盲点なのが「郵便受け」や「宅配ボックス」。

郵便や宅配便というのはプライベートな内容もあるので、共有にせず各世帯別々に設置する方がトラブルになりにくいです。

 

また、水道や電気などのメーターも別々にし、支払いも各世帯で行う方が良いでしょう。

二世帯住宅の多くは、光熱費の支払い分担でトラブルになることが多いからです。

「完全分離型」二世帯住宅の家づくりで困ったときは?

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

完全分離型二世帯住宅の家づくりをするにあたり、困ったな…と思ったときは、なるべく早く担当するスタッフに相談してください。

 

全体の打ち合わせでは、他の家族に遠慮して言えなかったことも、個別にしっかり伝えておきましょう。

当人たちには言いづらい内容も、専門家としての視点から上手く意見をまとめ、アドバイスをすることが可能だからです。

家を建てた後ではどうにもならないことでも、プランニングの段階ならばまだ間に合います。

1つずつ二世帯住宅に対する不安を解消していくことが成功への道ですよ。

悔いのない「完全分離型」二世帯住宅の家づくりをしよう

諦めないで!完全分離型二世帯住宅を成功させるコツをプロが徹底解説!

家を建てるということは、一生に一度の大きな買い物です。

不平や不満を抱えていては、その後の生活が楽しくありませんよね。

完全分離型二世帯住宅であっても、様々なトラブルは生じてしまうもの。

しかし、今回ご紹介したように、事前にしっかり話し合いを重ね、それぞれの不安を1つずつ解消していくことで、大きなトラブル回避につながっていきます。

 

私たち無添加計画では、様々なカタチの二世帯住宅の家づくりを担当してきました。

その豊富な経験から、それぞれのご家庭に合った家づくりを提案させていただきます。

親世帯・子世帯の意見をしっかりヒアリングすることで、これまでたくさんのお施主様に満足して頂いているんですよ。

二世帯住宅というと、マイナスなイメージを持つ人も多いですが、メリットもたくさんあるものです。

二世帯住宅をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。